ママさんナースの為のナストピ.COM

失敗したくないママさんナースの仕事復帰

小児科への転職の実際

小児科への転職を成功させるためにすべき事【情報収集編】

更新日:

小児科に転職するために何をするの?いつがいいの?

前回の記事で、小児科を辞めたい看護師さん向けに記事を書かせていただきました。⇒こちら

小児に限らず、看護師として働いている皆さんなら、1度は…2度は、3度は…
いえいえ何度も!?えっ?毎日!?「もう、仕事辞めたい…」と思った事がありますよね。

 

ほとんどの職場が人手不足でしょうし、
夜勤がつきもので身体も辛いし、
研究や委員会など業務以外の仕事もあったり、
命を扱うプレッシャーに耐えられなかったり、
求められているモノの割には給料は安くてバカバカしくなっちゃったり、
女ばかりの職場で人間関係に疲れてしまったり、
……あげたらきりがないですね(笑)

看護師業界って求人が常にあふれているので、転職を考える看護師さんは多いですよね。(それだけ辞める人も多いと言う事ですが…)

 

でも!だからこそ!!

きちんと情報収集をして、きちんと就職活動をしないと、せっかくの転職が失敗に終わってしまうかもしれません!!!
特に小児科は、求人自体が少ないですし、人気の職場ですし、小児経験者じゃないとダメだったり…

では、いつ、どう動いたらいいのか、転職&小児科経験者のおなすが考えましたので、2回にわたってお届けします♡参考になれば幸いです♡
PAK88_tokyoekihitogomi20150109174847_TP_V

看護師さんが転職するタイミング

ネットやおなすの周りの看護師さんのリアルボイスを集計すると、看護師さんが辞めたい
⇒転職するタイミングとして…

  1. 家族や自身の環境変化系転職(結婚、出産、旦那さんの転勤、家族の介護など)
  2. もうやだ。違うところで働きたい系転職
  3. もうそもそも看護師無理。違う職種になっちゃう系転職
  4. もっと勉強したい!キャリアアップ系転職

ざっくりこんな感じに分けられました。
転職する時期として、奨学金をもらっているので3年はお礼奉公しなくてはならない、などそういった縛りもあったり、「とりあえず3年は…」と3~5年で最初の転職の波が来ます。

その後は、結婚や出産などのライフスタイルの変化や、中堅での悩み、キャリアアップなど、ばらつきが出てきます。

円満退職のために準備すること

「この職場辞めたいな…」と思ったら、すぐに周りに言いふらしたり、上司に報告したり衝動的に動いちゃだめですよ~。綿密に計画的に準備をする事が転職を成功させるコツです!!

 

まずは本当に辞めてよいのか?という所から情報収集です。

 

職場自体はたーくさんありますが、自分に合った職場に巡り合えるかは、あなた次第なのです。もし、人間関係に悩んでいたとしても、それは自分の考え方次第で改善できないか?など、辞めてしまう事のリスクも天秤にかけて考えましょう。(極端なパワハラやいじめなどがあったら我慢しないでくださいね。)

転職にはリスクも伴いますので、自分の職場の労働環境や給料体制が悪いと感じて転職をしようと思った時に、本当にそうなのか?きちんと調べましょう!
実はどこの職場も同じような環境だった…むしろ、「今の職場、結構条件いいじゃん」なんて事があるかもしれません。

特に小児科は成人との混合病棟で、ベッド数が少なかったり、クリニックなどでは残業があったりするかもしれません。

 

そこで活躍するのが、人材紹介会社です⇒看護のお仕事
そういった会社は、ネットから無料で登録できますし、あなたの希望の働き方にあった病院の内部情報をくれたり見学や面接のセッティングもしてくれます(もし、見学して違うな…と思ってもお断りもしてくれます)。色々な看護師さんを見ていますので、働き方の相談にも乗ってくれますよ♡

ただ、担当者と頻回に連絡を取ることになりますので、相性ってあるの思うので、1つの会社だけでなく、2・3社に登録して、自分が気に入った、信頼できる会社の方のお世話になって下さいね!!

 

その会社の方も、あなたの真剣さややる気を見ていますので、本当にいい病院・クリニックに行きたいのだという熱意を見せてくださいね♡
そして、色々と情報をもらったうえで、気になった病院は必ず!かーなーらーず!!自分の目で見て、職場やスタッフの雰囲気などを確認しましょうね。

 

その職場に知り合いがいれば、話を聞きやすいのですが、いない場合は、その病院で勤務終わりの看護師さんに突撃取材して、実際の声を教えてもらってもいいかもしれません(笑)
結構看護師さんって仲間意識が強いので、一緒に働きたいって人には色々教えてくれるはず⁉いくらホームページを見ても、求人の案内などを見ても、スタッフのリアルな声にかなうものはありません。

 

 上司に相談するタイミング

慢性的に人手が足りないこの業界、退職の話をするとほぼ100%の確率で、引き留められたり…泣きつかれたり…ちょっと圧力をかけられたり…辞めづらい状況です。
なので、退職を言い出すタイミング&動くタイミングがとても重要なんです。

長くなってしまったので、具体的なタイミング等については次回に記載しますね。
こちら→実践編

ここまで読んでくださってありがとうございました♡

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-小児科への転職の実際
-

Copyright© ママさんナースの為のナストピ.COM , 2017 All Rights Reserved.