ママさんナースの為のナストピ.COM

小児看護のポイント&ママさんナースの仕事復帰について

小児科への転職の実際 新人看護師1年目

新人看護師さんが転職を成功させるために

更新日:

看護師として働いている皆さんなら、新人時代に辞めたいと思って先輩や上司に相談すると、
「新人看護師は大変だけど、どこの職場もキツイんだから、石の上にも三年…って言うように、3年は辞めないで頑張らないと。」
など、謎の【3年我慢説】言われた事、ありませんか?

おなすもほんっとにキツイ新人時代、相談した上司にそう言われたのを覚えていますし、自分自身も若い頃、新人さんに相談された時に、特に何も考えずにそう答えていました。

 

なんだか、この業界って「大変なのは当たり前。キツイのも当たり前。耐えて働いて一人前になるもんだ」みたいな考えがまかり通ってませんか?

患者さんの命を預かる仕事なので、真剣に取り組まないといけない仕事だとは思います。

でも…だからといって、何でも耐え忍んで、根性で乗り切れっ!ってのはちょっと違う気がしています。
おなす自身もなーんとなく、そんな風潮のなか育ってきたので、昔はそう思っていました。

 

しかし、最近は時代が変わって、看護師の働き方も多様化していますし、看護師として10年以上働いてきたなかで色々と見えてきたからこそ、「合わなかったら、3年も我慢する事ないよ。あなたの人生の貴重な時間がもったいないよ。あなたに合う職場は他にもあるよ。」と言ってあげたいです。

 

ただ、新人さんの転職は、ベテラン看護師の転職よりもやっぱりリスクがあるのも事実。
ではどうしたら転職に成功するのか、考えていきましょう♡

なんで「3年は我慢」と言われるの?

この言葉…
「辛いのは最初だけ。3年働けば慣れるし仕事も楽しくなってくるわ。」
「新人は同じ職場で3年働かないと一人前になれないわよ。」
「今辞めてしまうと、辞め癖がつくわよ。」
「逃げるの?」怖っ!)
などなど…、上司からは『あなたのためを思って言ってます』的な言い方をされますよね。

確かにあなたのセンスを見込んでいたり、あなたの事を心から思ってこの職場が合っているから、一緒に働きたいから残って、と言ってくれる上司も、中にはいると思います。

 

でも、本当に皆がそうだと言い切れるのでしょうか?
この言葉には色々と裏がありますよね…。

 

あまりに早く辞められてしまうと、新人→学生間の口コミなどで、「あの先輩、1年目で転職したって…あそこの病院の新人教育やバックアップ体制はなってないみたい」などと噂になると、翌年からの看護師確保や離職率の数字に影響が出てしまったり…。
せっかく確保した新人さんに辞められてしまうと、また別な人材を探すのに莫大なお金も時間もかかったり…。
引き留められなかった管理者の管理能力を指摘されたり…。

 

ん?これって全部病院の都合じゃない?
って思ってしまうんです。

確かに看護師の仕事は3年たってやっと1人前という所はありますが、それは同じ職場じゃなくてもいいのではないでしょうか?

 

ただし、「なんかよくわかんないけど、キツクなったからやーめちゃお。」ってのは違いますよ。
確かに新人ですから、仕事にも人にも環境にも、慣れるまでは失敗もあるでしょうし、注意されることもあるでしょう。なんかもうここ嫌だからやーめちゃお。って漠然とした理由で退職してしまうは、次の職場でもどこの職場でも同じことが起こるでしょう。
提示されていた募集要項と実際の差がある、あまりの低賃金、労働環境や残業、パワハラ、セクハラ、教育体制、管理体制、福利厚生などなど「新人時代の辛さ」だけでは片づけられない様な、転職に値する様な理由がはっきりしている時は、年度末まで…3年…など、上司の引き留めの手を振り払って動くべきだと思います。

でも、新人で転職ってできるの?

答えは簡単
「はい。できます!!」です 笑

こんなご時世でも、看護師の資格ってやっぱり強いです。国家資格よありがとう です。

他の業種で、新人で転職して成功するって難しいかもしれませんが、看護師として働いている皆さんで、何十社に履歴書やエントリーシートを送って…面接して…という方は少ないですよね?

それほどまだまだ引く手数多な業界なんです。
今は、新人さんの転職は珍しくありません!!
職場に選んでもらうのではなく、こちらから職場を選ぶ時代なんです(珍しくかっこいい事言った。笑)

入ってみてやっぱり違った。
労働環境が悪すぎる。
働いている人のモチベーションが低い。
人間関係が悪すぎる。 などなど…

無理だと思ったら、我慢して自分の神経をすり減らして、健康を害する前に、自分に合った職場を見つけましょう。

「看護師の変わりはいくらでもいるけど、あなたの代わりはいないのだから♡」

新人さんが職場選びに失敗しないために

 

PASONAZ160306190I9A2089_TP_Vいくら時代が「新人さんの転職は普通の事」だと言っても、転職に失敗して何度も職場を変えるのは、自分も疲れてしまいますし、転職の際にも「この子、職場を転々としてるわね」って思われちゃいます。

では、新人さんの転職を成功させるためには何をすべきでしょうか?
とにもかくにも、情報収集です!!
新人さんだと、学校と提携している実習先の病院。や、学校の皆が就職している所が安心、などという理由で決めてしまった方もいるのではないでしょうか。(おなすもそうでした)
労働環境や、お給料、残業、人間関係、急性期・慢性期などなど、、、
きちんと情報収集しないと、入ってみて違った…自分の求めている看護は難しい、自分の能力に合っていない…になってしまいます。

 

じゃあ、どこから情報をもらえばいいの?
答えは…看護師専用の人材紹介会社です。
募集要項に書いてある様なお給料のことやお休みのことだけでなく、その職場の雰囲気や年齢層、人間関係など、あなたが知りたい事を知っていたり調べてくれたり、知っていおいていた方が良い情報も提供してくれます。

 

人材紹介会社ってどうやって登録するの?何をしてくれるの?

 

新人さんだと、こういった会社を利用した方は少ないと思いますので、その実際を説明させていただきますね。

まず最初に、登録したり、情報をもらったり、職場を紹介してもらったり、やっぱり違うと思ってその職場をキャンセルしたり…色々してもらえることがありますが、基本的に一切お金はかかりません

え、じゃあどうやってその会社が成り立ってるの?と思いますよね。
こういった会社は、あなたを病院に紹介して就職すると、病院からその会社にお金が入るわけなんですね。
なので、看護師さんからはお金を取らなくてもビジネスが成立するわけなんです。

ただ、この様に病院からお金が入るわけですから、その会社の担当者が悪い人だった場合など、あなたに本当に合った職場ではなく、入ってほしい職場を紹介されてしまう事もあるんです…。
もし「この職場には断られてしまいました」って言われても、あなたがどうしても就職したい職場だったら、直接その職場に電話して、募集していないのか確認してみましょう。悲しい事ですが、上記に記載した様に、紹介会社の都合かもしれませんので…。

そんな悲しい出来事を防ぐために、必ず2~3社に登録する事をオススメします‼
(他にも登録している事は言わない方がいいです。)

登録すると、すぐに電話がかかってくると思いますので、その担当者の方の対応や、雰囲気、電話のしつこさ(笑)などで、あなたが信用できる会社を決めて下さいね。
面接や見学のアポをとってくれたり、一緒に面接に行ってくれたり、時には進路相談(人生相談?)にも乗ってくれたりしますので、担当の方との相性が大切になってきます♡

あまりにも電話がしつこい時は「転職はなくなりましたので、もう電話しないで下さい」といえば、かかってこないと思います。

「なんかめんどくさそうだな…」と思われたかもしれませんが、
やっぱり個人では集められない量の情報を持っていますし、おなすがありがたいと思ったのは、面接や見学のアポをとってくれたり、一緒に面接に行ってくれたり(結構心強いです)何より、「この病院ないな」と思った時のお断りなど、上手に使えばとっても便利なサービスなんですよね。
なにより無料ですし(笑)

看護師だからこそ使えるサービスを使わない手はないですよ♪
おなすもこうした会社を使って、現在の小児科への転職を成功させましたよ♡

現時点で転職を迷っている方でも、相談だけしても良いかもしれません。
色々な職場の環境を知っているプロなので、あなたの相談に乗ってくれますよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-小児科への転職の実際, 新人看護師1年目

Copyright© ママさんナースの為のナストピ.COM , 2017 All Rights Reserved.