ママさんナースの為のナストピ.COM

小児看護のポイント&ママさんナースの仕事復帰について

看護師さんお役立ち情報

どんな人なら幸せになれる?看護師の理想の結婚相手とは⁉

更新日:

image

看護師の仕事は、女性が多い職種なので、産休育休制度がしっかりしていたり、病院に託児所があるので復帰しやすかったり…というか…人手不足で復帰せざるを得ない感じもあったり…で、結婚・出産後も仕事を続ける方が多いですよね。

仕事と家庭を両立させるためには、旦那様の協力が不可欠です。

まだ結婚は…という独身の若い看護師さんも、ただでさえハードワークなので、プライベートでは優しくて大切にしてくれる彼氏と幸せな時間を過ごしたいですよね♡

そこで、今回は男性看護師さんには申し訳ないですが、おなすが先輩・同期・後輩の実体験を集めた情報を基に、女性側の目線から、こんな彼氏や旦那様を選ぶと(既婚の方は再教育すると)仕事も家庭も両立できてハッピーなんじゃないかな♡という情報を紹介したいと思います。

看護師の仕事を理解してくれて、あなたを大切にしてくれる人

看護師の仕事って、土日や年末年始も関係なかったり、夜勤もあったりして、勤務時間も業務内容も特殊ですよね。そしてハードですよね。
なので、土日や明けのしんどい身体でのデートは無理だったり、学会の研究などを抱えているとそもそもデートどころじゃなかったり…。担当患者さんが亡くなって、かなり落ち込んでいたり…。と、勤務の関係で会う時間も取れなかったりするので、看護師の仕事内容だけでなく、仕事に関連した都合なども理解してくれる事が大切です。

 

家族に看護師がいたり、医療従事者でなければ、たいがいのメンズは「看護師さんは白衣の天使で、プライベートでも優しい癒し系」という願望?熱望?期待?勘違い?されているものです。

 

「はいー?何言っちゃってんのー?あははー(乾いた笑い)」って感じで、ここはもう皆さん説明不要だと思いますが、業務中は時に作り笑いを浮かべながら白衣の天使を演じている⁉私たち。プライベートでまで奉仕の精神を撒き散らしたりできませんよね(笑)
むしろ、休日くらいは看護師の仮面を外し、心から癒されたものです。
なので、身体から大自然のマイナスイオンを放出してくれている、屋久杉…はたまた、この木何の木の様な、包容力のある癒しフォレスト系(おなす命名)男子をオススメします。
そんな屋久杉君(出木杉君みたい)は、一般人には解読不可能と言われてる勤務表も、すぐに理解できるでしょう(笑)

絶対に絶対に浮気をしないと信頼できる人

もう、こんな事書かなくても当たり前な事なんですけどね。看護師に限った話ではないですが、浮気常習者と幸せにはなれません!!
これは自身や周りの経験からも100%言い切れますので、キッパリとお別れしましょう。

男性は狩猟本能を備えていますので、悲しいですが、遺伝子レベルで浮気をしやすい生き物です。そこに拍車をかけて、看護師には夜勤がつきものですよね…。
夜勤中に彼氏に浮気された…なんて話、おなすも昔からよく聞きます。

 

先日も後輩ちゃんが、彼氏の浮気が発覚、それでもその彼が好きで、勤務中なのにちょくちょく携帯をチェックして行動を監視したり…(勤務中はダメでしょ)
休憩時間にはずっと怖い顔して電話…うーん。大変そうだなぁ。でもまだ若いしな。色々若いうちに経験か。と母のような目で見守っておりました。

浮気癖がある男性は、夜勤がつきものの看護師には絶対に絶対におススメしません‼勤務中も「他の女の子と会ってるんじゃないか…」なんて心配していたら、業務に集中できませんし、ただでさえ仕事がハードで気力も体力も使い果たしているのに、家に帰ってから彼氏(夫)や浮気相手とバトル…なんて、幸せとは言えないですよね。身も心もすり減ってしまいます。

看護師さんって母性本能が強く、頑張り屋さんで我慢してしまう子も多いので、ダメンズでも「私が頑張れば。」とか「いつか変わってくれる」と思ってしまうかもしれませんが、共依存の関係に陥る前に、勇気をもってお別れする事を応援しています。

大丈夫♡きちんとお別れすれば、また次の出会いがあるものです♡よく、結婚してくれない長年付き合っていた彼氏と別れたら、すぐに次の彼氏ができて結婚!って聞きませんか?

縁ってそういうものです♡

 

image

 

ある程度家事のスキルがある人

この仕事、緊急入院や急変、オペ、突然夕方からのICなどなど…
定時に帰れない事も多々ありますし、夕方からの会議もあったり。

旦那さんの方が早く帰宅する事もあるかと思います。
そんな時、「せめてお米だけでも炊いておいてくれたら…」「お風呂だけでも洗っておいてくれたら…」お子さんがいるお家は、「子どもにだけでも何か食べさせておいてくれたら…」

すごくありがたいですよね。旦那、神!って思います。

「え、オレがやんの?てか米とか研げねーし。つーか洗う時洗剤いれるの?」とか言っちゃってる輩は、1から教育するか、そもそも「男は台所に入らないものだ」なーんて昭和な考えの、協力しようというスタンスゼロの人は、ちょっと厳しいかもしれません。

 

付き合っている時から、家事がそこそこできる(できなくても協力する事を嫌がらない)男性は、子どもが産まれてからも、男性が嫌がる傾向にある、便のおむつ交換なども協力してくれると思いますよ♡

金銭感覚が近く働く意欲のある人・男のプライドが高すぎない人

厚生労働省のデータを基にした、今年度の看護師の平均年収は約470万円だそうです。
女の子の中ではお給料をもらっている方ですよね。
特に、若いうちから夜勤をするので、新人時代から結構な額をもらえたりします。

なので、おなすも独身時代は雑誌に載っている数万円するお洋服を予約したり、一丁前にブランドバックを買ってみたり、毎日の様に同期と愚痴を言いながら飲み歩いたり…けっこう散財してました。
子どもが産まれた今じゃ絶対に考えられません!ママはユニ○ロ、G○が戦闘服です(笑)安いのにおしゃれで丈夫で最高です。

ただ、このご時世、20代後半男性の平均年収が約340万円と言われている様に、彼氏や夫よりも私たちの方が給料を多くもらっている場合も多いでしょう。

 

男性が何かにつけて「お前の方が稼いでるしな」と収入差に対してネガティブに感じていてたり、逆に「ラッキー働かなくて済むんじゃね」的なヒモ状態になったら最悪ですね。
きちんと自分の仕事に誇りをもって、働く意欲がある人かどうか。もし自分よりも年収が低くても、そこに負い目を感じすぎない人が良いでしょう。

image

円満な関係を築くためには、私たちも努力が必要ですよね♡

『不規則な勤務だからこそ、一緒に過ごせる時間や、話をする時間を設ける。』
なかなか一般の職業の人とお休みが合わないのがこの職種。すれ違いの生活が少しずつ亀裂を産んで、取り返しのつかない事になっていた。。。にならない様に、一緒に過ごせる時間を大切にしてくださいね。

 

『看護師のマルチタスクの処理能力を求めてはいけない』

看護師の業務は、常に複数の業務に優先順位をつけながらナースコールなどの割り込み業務にも瞬時に対応し同時進行していきますよね。毎日の業務でその能力はかなり鍛えられているので、家事や育児の場面で、同時にいくつかの事を処理したり、優先順位をつけて動く事も、今日全然まらわないんだけど!って言う忙しい時の仕事に比べたら、そんなに苦ではないかと思います。

しかし!男性は違います。そもそも脳の働きからして沢山の事を同時進行する事が苦手です。そこに私たちの処理能力を求めてしまうと、「なんでこんな事もスムーズにできないの?」って思っちゃいますが、そこはグッと我慢して、脳みそが違うんだから仕方ない。やってくれているだけありがたい。感謝感謝と考えましょう!
『相手は自分の鏡です』

なんだか恋愛コラムの様になってきましたが(笑)おなすも20代にうまくいかない恋愛に悩み、沢山本を読みました。その中に「相手に大切にされたければ、相手の事を大切にする」と書いてありました。
本当ですね。いくら仕事が忙しいからと言って、彼氏や夫に八つ当たりの様な態度をとったり、いつも不機嫌でいたりしたら、相手だって嫌になってしまいますね。いつまでも愛されて円満な関係を築くのには努力が必要です。おなすも気を付けます。

image

今回は、疾患や看護技術とは離れて、看護師さんの恋や結婚について書きました。
私たちは普段から色々な患者さんと接していますので、初対面でもコミュニケーション能力が抜群に高い事がかなりの武器になります♡
素敵♡この人だ!って思ったら、白衣の天使スマイルで、コミュニケーションスキルを使って意中の相手をゲットしてください♪
「看護師」の肩書は、ほとんどの親御さんに大歓迎されると思いますので、みなさん幸せになってくだいね♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-看護師さんお役立ち情報
-, , , , , ,

Copyright© ママさんナースの為のナストピ.COM , 2017 All Rights Reserved.