ママさんナースの為のナストピ.COM

失敗したくないママさんナースの仕事復帰

看護師さんお役立ち情報 転職について

人生には、転職しない方がいい時もあるんです

更新日:

昔は3Kと言われていた看護師の仕事…今は、おなすもびっくり9K(休暇取れない・帰り遅い・婚期遅れる…などなど)なーんて言われているんですね。まー…確かに、そう言われても仕方ないなって感じです。


そんな職種なので、
「あーもう辞めたい」「違う病院に行きたい」「違う仕事をしたい」「宝くじ当たったらやめちゃうんだけどなぁ~」「南の島とか住んじゃいたいなぁ~」なんて思っている方も多いのではないでしょうか。笑

 

そんな仕事なので、みなさんもインターネットを見ていると、ページのココ→(横)やココ↓(1番下)なんかに看護師の人材派遣会社のサイトがたくさーん載ってますし、最近は看護師関連のワードを検索すると、広告が追いかけてきますよね。すごい時代になりましたね。笑
「看護師 転職」と検索すると、人材紹介会社~個人のサイトまで転職を勧める記事がたーーーくさんヒットします。

もちろん、条件が良く働きやすい職場に転職できれば、ばんばんざいですが、でも、人生折り返し地点にさしかかってるアラフォーのおなすからすると、「今は転職をしない方がいい時」って時もあるのよー。って声を大にして言いたいです。
数多のサイトがある中で、「転職しないで」ってあまりない情報かと思いますので、皆さまの参考になればうれしいです♡

 看護師が転職しない方がいい時って?

前置きが長くなりましたが、「じゃあどんな時は転職をしない方が良いの?」と言うと…
よっぽど今の職場が劣悪な環境でなければ

  1. 「自分が予測していなかった、大きな悲しい出来事が起こった時」
  2. 「プライベートがざわついている時」は転職をお勧めしません

具体的に言うと、①は両親や親しい人の病気や死別、自身の病気、離婚、大災害の被害にあったなど、精神的なダメージが大きい時。②は結婚したばかり(結婚は幸せな事ですが、他人と一緒に暮らし始めたり同居だったりすると、ストレスが生じます)、育休後や子どもの入学・入園、受験などでプライベートでの環境の変化が大きく、そちらを負担だと感じている時です。
精神科の授業を思い出してください。うつ病の発症のリスクが高まる様な出来事が起こった時ですね。

長い人生を生きていると、厄年や大殺界などと言われるように、どうしても悲しい出来事って起こってしまうものです…。いやいやそんな時に転職なんて考えないよ。って思われるかもしれませんが、そういう時って心機一転、仕事が変われば人生もよくなるかな☆なんて、転職を考える事も多いんです。
おなすも親との死別や震災を経験していますが、こういう予測していなかった悲しい出来事は、自分が思っている以上に、体にも心にもダメージを受けているものです。

 

 

また、離婚の場合、女性だと苗字が変わったり(戻ったり)と、周りに色々聞かれたくないしなぁ…と「心機一転、新しい職場で頑張ろう!」という気持ちもわかりますが、元旦那さん・奥さんが職場に居る、通勤途中で会うリスクが高い。などの理由がない時は、転職して慣れない職場で働く負荷は、離婚直後はかけない事を勧めます。

 

計画離婚でせいせいした!という方もいるかもしれませんが、離婚ってかなり心に負担がかかるそうです。自分では元気になったと思っても、心のダメージは結構長く続きます。
病院で働いているとどうしても、患者さんと亡くなった親の姿が重なってしまったりで、自分では「元気!もう大丈夫!!」と思っても、なぜだか涙があふれたり…。
おなすは3回忌あたりまで、ふと思い出すと泣いてしまいそうになりました。

悲しい出来事があった時の仕事の取り組み方

image

親が亡くなって辛かった時、その時の師長さんに「ここだけの話、今は、仕事は頑張らなくていいから。決まったことをきちんとするルーティンワークでいいから。お家と心と身体が整ったら、また頑張ればいいの」と言っていただいて、本当に救われました。プライベートが大変な時は、仕事は食べていく・生きていくための手段として、頑張らない最低限でいいんですって。本当にその言葉で肩の荷が下りました。

 

辛い事があった時や、家庭の事が落ち着かない時期にに、新しい職場で知らないスタッフに気を使いながら、物品の位置すらわからず、1から覚えて…って相当な負荷じゃありませんか?
転職先がどんなにいい職場であっても、やはり転職=慣れるまでのストレス はゼロではない事を忘れないでくださいね。新たなストレスを与えず、まずは自分の心と身体を労わる事を最優先しましょうね♡

 

悲しみに浸って、少し前向きになってきても、「もう辛いから、仕事を辞めてゆっくりしよう。」というのは、何か診断がつくほどの病気でなければ、おなすはあまりお勧めしません
なぜかというと、1日何もしていないと、その悲しい事ばかり考えてしまうんですよね。
仕事中は患者さんや看護の事を考えていますので、集中していてその悲しい事を考えない時間ができるんですよね。(忘れる事が良い事というわけではないですが)
そうやって、時間を薬にして、少しずつ日常に戻っていけるのだと思います。

こんな時は転職を考えた方がいいかも

ただし、家族の介護が長期的に必要になった時など、家族や自身の都合で、働く時間を長期に変更しなくてはいけなくなった場合は、ちょっと話が違います。

新しい職場よりもある程度勤めていた職場の方が、介護休暇や常勤からパートへ変更するなどの融通はきくかもしれませんが、そういった変更が難しい場合(日勤常勤はできない、自宅から職場が遠方すぎる など)は、ご家族の介護など、その時に必要な場所や環境が整った、新しい職場を探すのがいいでしょう。
もし、家族と過ごせる時間が残り少ないけど、今の職場では介護休暇や有休などのお休みという形では対応してくれない。という時は、一度退職という形もやむ負えないかもしれませんね。(総合病院や大学病院クラスなら、対応策はあると思いますので、師長さんがだめでも、人事課などに直接交渉してみてくださいね。諦めないで。)

看護師の代わりはいても、ご家族にとってのあなたの代わりはいません。
過ぎてしまった時間も、戻ってはくれません。
家族とどういった時間を過ごしたいのか、よく考えて後悔しない様にしていただきたいです。

 

本当は悲しい出来事が起こらない事が一番ですよね。
看護師さんって患者さんより体調悪いんじゃないの?笑って人多々いますので、自身や大切な人の体調管理と、健診を勧めてください♡
皆さんが毎日ハッピーで過ごせますように♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-看護師さんお役立ち情報, 転職について
-, ,

Copyright© ママさんナースの為のナストピ.COM , 2017 All Rights Reserved.